B

 

森良太 [vo./gt.] 
白山治輝 [ba./cho.] 
小川真司 [gt./cho.] 
田中駿汰 [Dr./cho.] 

次なる高みに向かって、Brian the Sunの4人の個性がぶつかり合って生まれた、強靭なSOUNDとPASSIONを今、受け止めろ!
2007年5月、大阪にて中学の頃から音楽活動をしていたVo.&Gt.森を中心に同じ高校の軽音部だったBa.白山とバンドを結成。
精力的に活動し、2008年夏には当時のメンバーで閃光ライオット2008決勝に出場、準グランプ リを獲得。
その後、すぐにメンバー受験のために活動休止し、2009年春活動再開。
2010年1月、Gt.小川が加入、ツアーで全国各地、フィリピンでもライブを決行。
その夏、当時のドラマーが急遽脱退。 しかしながらツアーが決定していたために、スタジオで遊ぶ程度のドラム経験だったBa.白山がDr.を担当することになり、サポートベーシストを迎え、夏 限定メンバーでツアーを決行。
ツアー終了後、秋にDr.田中をサポートドラマーとして迎え、2011年4月に正式加入し、現在のメンバーとなる。 2012年7月4日、1st Maxi Single『Sister』を初の全国リリース。
2013年3月6日、2nd Maxi Single『Baked Plum Cake』をリリース。
2013年6月5日、1st Full Album『NON SUGAR』をリリース。
2014年3月12日、1st Mini Album『彼女はゼロフィリア』をリリース。
同年12月3日、2nd Full Album『Brian the Sun』をリリースし、2015年1月末までを"Brian the 燦々"Tourと題し、全国各地12カ所を周り、ツアーファイナルの大阪、渋谷のQUATTROでのワンマンも大成功をおさめた。
その後「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2015」に参加。全国9ヶ所を 04 Limited Sazabys、THE ORAL CIGARETTES、HAPPYと共に回り、楽しくも過酷なツアーを経てステージを重ねるごとに、目に耳にはっきりと伝わる急成長を見せ、秘めた可能性 を一気に開花させた。
「列伝TOUR」終了後、2015年春から夏にかけては、フェスやサーキットイベント、自主企画ライブなど全国各地をライブで精力的に回り、ライブに軸足を置いた活動でライブパフォーマンスに更なる磨きをかけてきた。
そして、2015年11月25日、「次の1本のライブに全力で臨む」ことを信条に活動する Brian the Sunの今を詰め込んだ2nd Mini Album『シュレディンガーの猫』をリリースする。